HTML5でタイピングシューティング



避け要素がないからSTG的ではないけど。

でもHTML5で作ってるものとしてはかなりキレイ。
画像の回転とかが滑らかでジャギったりしないけど、これはパスで描いてるのかな…。

最近の製作現場では、Flashで作っても「iPhoneで見えないよ!」って言われる事が多いので、HTML5が一般的になる事で1ファイルでPCもiPhoneもOKってのはすごく楽なので個人的にはHTML5化の流れは歓迎なのです。
ただ、仕事で使うとなると結局クライアント企業の制作レギュレーションが「HTML5に対応してない“IE”は切り捨ててOK!」っていう状況にならないと、実際仕事でHTML5が使える場面は少ないので、まだまだ先の話になりそうな気がします。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。